Search this site
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
りんかいせん。
111023_1424~02.jpg
黄緑の電車に出くわしてびっくりした…。

先頭車両がガチャピンでいちばん後ろの車両がムックなんだよと
友達に教えてもらったのだけど
後ろの車両は走ってるとこ撮ったからうまく撮れなかった(´・ω・`)

このふたつに普通の車両が挟まれてるの、すごい違和感。


111023_1424~03.jpg
posted by yuu | 12:09 | from mobile | - | - |
113系ラストラン。
110924_1719~010001.jpg
113系車両の引退記念ラストランイベントに行ってきた。
行ってきたっていうか、友達にくっついていったってのが正しいけどw

引退記念列車の出発に居合わせたのは本当に偶然。
せっかくだから本日限定の記念弁当を夕飯にと買ったら、これもラスト2だった。
後ろに並んでた人ごめんなさい…orz

グッズの列に並んでる友達を待ちながら
カメラを構える人の群れにこっそり紛れて写真撮ってみたりして
必死に写真撮りまくってる大勢の鉄の皆さんの中でふらふらしてたら発車のアナウンスが。

電車が走り出すと
「ありがとー!」「お疲れ!」「ありがとう!」
って声が沸き上がった。

おぉやっぱこういう声掛けするのかー、と思っていたら
「プァン」と短く警笛を鳴らして電車がホームを去っていった。

なんかじわっと来て、お疲れさまって自然に思って
あぁ引退イベントってこういうものなのか…とぼんやりしていたら
「プァーン」と姿の見えなくなった電車の警笛がもう一度、今度は長く聞こえた。

すごくじーんとして、今までありがとうって思った。
乗ったことない車両だから変かもしれないけど、不思議とそんな気持ちになるもんなんだなぁ…。

もちろん鳴らしてるのは人だしそういう演出なんだろうけど、
なんか人と電車が最後の挨拶を交わしてるみたいで
初めて鉄道を生き物のように感じた。

この時間に居合わせたのは偶然だけど、来て良かったなぁ。
連れてきてくれた友達に感謝です。
こういうのもいいなぁってすごく思った。



ちなみに今日は白い砂のヘッドマークだったけど
昨日のイベントのヘッドマークはさよなら113系でした。
うん、実は昨日も友達についてきたんですわwww
ラストランは今日だったから今日みたいな演出はなかったけど。
てゆか昨日のお弁当の方が嫌いなおかず少なかったな…(´・ω・`)←失礼

110923_1640~01.jpg
posted by yuu | 19:51 | from mobile | - | - |
せいぞーん、せんりゃくー!
110820_0116~01.jpg
たまには料理とかしてきちんと生活してるアッピール!

鶏肉の甘酢煮、葱どか盛。
わたしが料理して食べる野菜の9割は葱です。
posted by yuu | 16:21 | from mobile | - | - |
日光の天然氷食べてきた。
110815_1530~01.jpg
正直、食べ物でここまで感動したのは初めてってくらいの衝撃だったので感想。

下今市の駅からちょっと歩いたところにある松月氷室に行ってきました。
ここは天然氷の蔵元で、夏季限定で店頭でかき氷が食べられるみたい。
「にっこう水はけっこう」との呼び声が高いけれど、
半ば駄洒落のその評価は本当なのか確かめてみようじゃないの、というのが行った理由です。

国道からちょっとそれたところにあるお店に到着してまずびっくり。
下今市のどこにこんだけの人がいたんだっていう行列。
だって歩いてきたけどずっと閑散としててぜんぜんひといなかった…よ…?
別にそこまでの情熱を持って「食べたい!」と思っていた訳じゃないのだけれど
旅館のチェックインまで時間あるし、他にやることもなかったし、
並び慣れていて「これくらいならまあ余裕だし」ってことで並んだのである。

並ぶこと2時間半で店内に入れた。
色々悩んだけど、わたしは生いちごとグレープフルーツのハーフ&ハーフにミルクがけを注文。
頼んですぐに出てきました。
ものすごい山盛りでびっくり。甘いもの苦手だし、こんなに食べられるかな…と不安になった。

まずいただきますっとスプーンを刺したときに「お?」と思った。
なんか違う。これは今まで食べたことがあるかき氷と違うぞ?

すくって口に入れて、「!?」ってなった。なんだこれ。え、なにこれ。
いやいやちょっとまって、なにこれ。もう一口。ぱくり。
…!?えええ?なにこれマジでなにこれ。いや旨いよ、ほんとうまいよ。
もひとつぱくり。
うん、おいしい。すごくおいしい。でも、…え?この食感は一体…?

そのまま、ぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱくぱく。
スプーンの、口と器の往復が止まらない。
全部食べられるかななんて不安は紙よりも軽く吹き飛びました。
そのまま食べ終えて、もっと食べたいと思ったくらい。

食感がすごかった。
口に入れるとなんだかさらさらふわふわしていて、すごく軽い。
その食感を堪能する間もなく、すっと溶けて口の中には後味も氷の粒も何も残らない。
さわやかさがハンパじゃない。目の前に山の中の滝が見えた。←友達も同じことを言っていた
滝の前に立った時の、あの涼しい感じがした。
手を止めることなく食べ続けたにも関わらず一切キーンてしなかった。
後から知ったのだけれど、天然の氷は冷凍庫で作ったものよりも温度が体温に近く
口に入れた時の温度差が小さいために頭痛が起きないのだとか。

グレープフルーツのシロップも初めて食べたけどすんごい爽やかでおいしかった〜。
これは2時間半並んで食べた甲斐があった。しかも450円とかお安すぎる。
長時間並んだしそれなりの期待感もあったから味に対するハードルは上がってたはずなのに
そのハードルを軽く飛び越えてきたその美味しさには完敗です。

翌日、東武日光駅前の、松月さんから氷を入荷してるお店でかき氷食べたけど
結構違った。同じような食感ではあったけど、やっぱり削り方が違うのかなあ。
なによりシロップが違った。そこのは市販のシロップで、味がしつこかった。
松月さんのはあっさりしてて、たぶん氷をいちばん活かすような味になってるんだと思う。


面白かったのは、普段全く食にこだわらない友達がものすごく雄弁に味を評価したこと。
基本的になんでも食べる子で、
いつもは何食べてもだいたい普通に「おいしい」って言うし
「ラーメンの味の違いがわからない」って言う子だし
おいしもの食べても「よくわかんないけどおいしいと思う」とかしか言わないのに、
このかき氷には
「絹のような食感」とか「清流のよう」とか
「ミルクがかかっていないところの方が鋭い感じがする」とか
「日光の水の優しさを感じる」とか言いだしてびっくりした。
たしかにそうなの。その感想には全面的に同意するしわたしも似たようなこと言ったけど
10年以上一緒にいるのに彼女がそんな表現するの初めて聞いたwww
そして食後わたしの方向音痴が一瞬直った。友達もびっくりしてた。

日光の天然氷はあまりの美味しさに人類が少しだけ進化するレベルでした。
天然氷のかき氷が食べられる蔵元は日本に五カ所くらいしかないそうなので
ぜひ食べてみてください!
今までのかき氷の概念をちゃぶ台返し以上の勢いでひっくり返すかき氷です。
きっとこれから普通のかき氷食べてもあのかき氷を思い出すんだろうなあ…。


日光も震災以来ずいぶん観光客が減ってしまっていて
人気の旅館でも8月末には予約ゼロ状態らしい。
わたしたちが行ったのはピーク時だったのでどこも結構繁盛していたけど
それ以外は閑散としているらしく地元の方が嘆いておりました。
ので、行けるひとにはガンガン行っていただきたい。
あんなに素晴らしいかき氷の伝統が絶えるようなことがあったら
それはもう人類の宝を失うに等しいと思うのですよ。

そして下今市にはぜひ東武のスペーシアでお越し下さい!
おすすめは個室!ちょっと高いけど広くて快適!車内販売で生ビールも飲める!
JRと東武の激しく続く日光観光路線競争に終止符を打った記念すべき豪華車両!
個室で旅とかなかなかできないよ!マジオヌヌヌ。
今はスペーシアはJRと東武の共同運行なのでJRの車両もあるけど、
そっちに個室はありませんのでご注意をば。
posted by yuu | 06:07 | from mobile | - | - |
Maxたにがわグリーンなう。
110506_1904~01.jpg
わたしひとりしかいないwww車両が個室www

…がんばれ、上越新幹線。

うーん、はくたかグリーンのあとだと感動はないなー。
フットレストが使いやすいのと文字通り緑なことくらいかな。

つーか越後湯沢、17:55くらいについて
途中下車して周辺ふらふらしてお土産でも〜
と思ったら18:00でほとんど閉まりやがったwww
ちょう閑散としてるしwww

駅前の酒屋さんが1軒だけやっててくれたから飛び込んで
薄暗い店内をひとりでふらふら。
お酒がいっぱいありすぎて目移りしちゃう><

よさげなのを選んで購入。
おうち帰って飲むの楽しみだなぁうきうき(^ω^)



…あと、ほんとに駅が閑散としてて。
しばらく様子を見てたら、やっぱりほくほく線の乗り換え客がメインみたい。
GALAもやってないしな…仕方ないか。
…でもこれ、北陸新幹線開通したら本当にヤバイんじゃないか。

110506_1814~01.jpg
posted by yuu | 19:23 | from mobile | - | - |